改修系
「奇跡の繊維」と呼ばれ、強度、耐疲労性、耐衝撃性、耐熱性などで優れた特性を持つアラミド繊維。前田組ではこのアラミド繊維を用いたフィブラシート工法による改修をはじめ、状況に応じた様々な耐震改修工事を行っています。
名古屋工業大学との産学共同研究で生まれたロードクーラー。屋根、壁などを塗り直す簡単な工事だけで、省エネ効果は抜群。施工後のお手入れも不要で、コストパフォーマンスに優れた新しい工法として注目を浴びています。
「会社を見るならトイレを見ろ」と言われるほど、実はトイレは大切な会社の顔。土日を利用したスピーディな施工で、古いトイレを清潔感あふれる空間に変身させます。

 調査系
木造建築は本来、正しく計算され、正しく施工されていれば耐震強度はかなり高いと言われています。ただし現実的には必要十分な強度が保たれていない住宅が存在するのも事実。適切な補強をするためには、まず正確な調査が必要不可欠です。
コンクリートの状態は表面だけではわかりません。内部の鉄筋の状態や圧縮強度、劣化状態等を正しく把握するために、コンクリートのコア抜き調査を行います。
「耐震」と一言で言っても、実際には条件によってその意味合いは大きく異なります。土壌、傾斜から始まり、設計、施工、さらにはリフォームによる諸条件の変更など、現地現物主義で正しい耐震診断を行います。